メニュー

コンサルタント紹介

プロフェッショナルとしてお客様のお悩みに寄り添うSBIマネープラザのコンサルタントを紹介します。

写真

知識・経験・商品、すべてを駆使して
お客様の「夢」を
トータルコンサルティングしたい。

本店営業部長
小山 哲郎
支店勤務、支店長を経て、2019年より本店営業部長に。証券商品をはじめ、オペレーティングリースや海外不動産、不動産小口信託受益権、太陽光関連商品などの幅広い商品知識とそれらを活用した提案力に定評がある。
写真
写真
写真

SBIグループならではの商品力とネットワークで
どんな課題にも隙のないご提案を。

当社のほぼすべての商品を扱う本店営業部では、株式上場支援からM&A、経費節減、ベンチャーキャピタルからの資金調達支援に至るまで、お客様のあらゆる課題を解決するための幅広いお手伝いを行っています。

例えば、お客様の企業内で人件費やコストを減らしたいという課題に対しては、RPAやAIの導入をご提案することで経費節減に大きく貢献した事例があります。また、SBIグループ内外の企業や税理士などの先生をご紹介し、お客様同士をお繋ぎすることで、新たなビジネスにお役立ていただいた実績も多数あります。SBIグループとして垣根なく、相互に連携を図ることで、お客様が抱えさまざまな領域の課題解決をお手伝いできる点は、まさにSBIグループならではの強みですね。

写真

お客様の想像を上回るご提案のために、
速やかなレスポンス、
的確なアンサーでお応えする。

企業オーナーのお客様の多くは、自社で起こっている事象に対して「答え」を持っていなかったり、悩み自体が明確でない場合があります。そのような場合はまず、幾度かの面談を通じて、悩みや課題を明確化し解決策をご提案しています。そこにはスピード感のあるレスポンス、要所要所の正しいアンサーが不可欠です。

以前、開業医のお客様から証券の運用についてご相談を受けたときのことですが、お客様の本来のニーズにふさわしくない証券や投資商品をバラバラに保有していることが分かりました。そこでお客様の真の課題と目標を抽出し直し、ご要望に沿った形で当社の商品・サービスをご提案したところ、証券、投資商品単位の「点」でとらえるのではなく、お客様の資産全体を「面」でとらえてトータルコンサルティングできたことでお客様に大変喜ばれました。お客様の会社と資産、そのどちらの価値も高まっていくのを目の当たりにする瞬間こそ、この仕事の醍醐味だと感じますね。

写真
写真
写真

個人として、法人としてのお客様を見つめ、
ともに夢を語り合えるパートナーに。

私自身が日々接するお客様はもちろん、事業承継や相続問題のニーズは、全国的に高まっていることをますます肌で感じています。自社株の評価の引き下げなどは、そのようなお客様が抱える課題を解決する一手かもしれません。私自身も当社としても、事業承継や相続対策においては実績も豊富ですので、大いにお役に立てると思っています。

それと同時に、大切な資産を預けてくださるお客様に対し、大前提として私たちが忘れてはならないのは“お客様の「夢」といかに向き合い、実現できるか”ということではないでしょうか。お客様の資産を何億、何十億に引き上げる、あるいは事業としての売上を今よりも2倍、3倍にする。個人として、法人として、お客様の夢の実現に寄り添っていく。お客様の描くビジョンをともに語り合えるパートナーとしてお付き合いいただけたら嬉しいですね。

写真
写真

「金融のことなら、SBIの豊島に」。
そんなコンサルタントを目指して。

プライベートバンキング部 課長
豊島 彬
SBI証券主幹事、上場企業の富裕層顧客に対し、自社株の売却提案や事業承継、相続など、長期的な視野での提案・コンサルティングを担当。知識取得欲と臆することのないバイタリティでお客様に全力で向き合う姿勢が持ち味。
写真

経営のエキスパートであるお客様の課題に
“金融のエキスパート”としてお応えしたい。

SBIグループと関係の深い上場企業のオーナーや役員、株主、また未上場企業のオーナーといった富裕層のお客様を対象に、プライベート・バンキング・サービスをご提供しています。お客様の業界は不動産企業やIT関連企業、コンサルティング企業、医療法人など実に幅広く、そのニーズも、描くビジョンも十社十色。ご家族へ遺すことを踏まえて可能な限り現在の資産のまま保有したい方、多少のリスクをとっても資産を殖やしたい方、取引を重ねることでリスクを減らしながらも利益を出したい方など、運用に対する考え方もさまざまです。

お客様それぞれの運用ニーズに見合った商品のご提案、取引手法のフォローアップはもちろん、お客様にとってメリットとなる情報や相場の変動などを分析してお伝えしたり、日々の株価変動に対するお問い合わせに一つひとつお答えすることも日常茶飯事。お客様は業界のエキスパートであり、経営のエキスパート。一方、私たちは“金融のエキスパート”として何がご提供できるかをしっかりと見つめ、お応えしていかなければと思っています。

写真
写真
写真

お客様一人ひとりの
“深層ニーズ”にフィットしたご提案を。

ベストなご提案のためには、お客様お一人おひとりで異なる“深層ニーズ”にフィットしたご提案を行うことが重要です。株主構成についてのコンサルティング、事業承継、相続など、ご相談はさまざまですが、私自身はその中でも「自社の株式を売却したい」というオーダーに対するご提案力には自信をもっています。

富裕層のお客様は他社からいくつもご提案を受けていらっしゃることがほとんどです。ある企業オーナーのお客様の例では、当社からその現状や課題をあらためてヒアリングしご提案を行った結果、「思い描いた通りの資金を作ることができた」と喜んでいただけたのが印象的でした。また、個人資産の増加だけではなく、自社の株価全体、時価総額の面からもメリットのある運用を模索しておられ、多額な資産をお持ちのお客様から、他社に先がけて当社にファーストコールをいただいたときは、コンサルタントとして責任の重さを感じると同時に、大きなやりがいにつながりましたね。

写真

SBIグループだからこそ
実現できることは無限大。
これからも、想像を超える価値を
提供していきたい。

私たちの金融の世界も変わっていかなければならないと思うのです。SBIグループとしての総合力、無形商品を含むバラエティに富んだ商品力、そして圧倒的な手数料の安さなどは言うまでもなく当社の強みですが、その“のびしろ”は無限大だと思っています。

金融業界も10年後には、もしかしたらこれまでの常識が常識でなくなっていたり、伝統的な手法さえなくなっているかもしれません。当社は、そのような枠組み自体にインパクトを与えるような底力を持っていると思います。SBIグループとしてのそのような“器の大きさ”にも、ぜひ期待していただきたいですね。

注意

SBIマネープラザでは画面を縦向きにしてご利用ください