定期保険

少ない負担で大きな保障が確保できるプランや長期保障で大きな安心が確保できるプランがあります。 また、プランによっては解約返戻金を死亡・生存退職金の準備や事業承継資金として活用することができます。

短期(全額損金範囲型)

・少ない負担で大きな保障が確保できます。 ・一時の高額支出の財源が確保できて、経営財務への影響を回避できます。 ・保険料は一定条件のもと、全額損金扱いとすることができます。

長期平準(1/2損金範囲型)

・80歳から100歳までの長期にわたって大きな保障を確保できます。 ・急な資金の需要があった場合は、解約返戻金を活用することができます。 ・保険料の2分の1を損金扱いとすることができます。

無解約返戻金型(全額損金型)

・保険料が割安なため、コストを抑えて大きな保障を確保できます。 ・保険料は全額損金扱いとすることができます。

※上図はイメージ図であり、商品の概要を説明したものです。ご検討に際しましては必ず 商品パンフレットをご覧ください。

※税務に関しましては、平成19年4月1日現在施行中の税制によるものです。

企業保険

事業活動を行う上での様々なリスク

万一の事故や突然の訴訟などで損害が発生したときも、損害保険を活用することで財務インパクトを最小限に抑えることができます。想定されるリスクに対しての手当てができているかを確認しましょう。

IT業務賠償責任保険

個人情報漏洩保険

会社役員賠償責任保険

経営者保険

会社の将来を見据えた財務対策

財務強化から退職金の財源の準備などを生命保険の制度を活用して行うことができます。会社の経営サイクルに合わせた保険を検討してみましょう。

会社経営の生命保険活用法

経営サイクルに合わせた保険

定期保険

がん保険

一時払変額年金保険(経営者個人)

資料請求やお見積もりのご依頼、経営者保険のご相談はこちら