【重要】 GW休業日のお知らせ

【重要】 GW休業日のお知らせ

誠に勝手ながら、4/29(月)~5/6(月)は休業とさせていただきます。
※定休日は各店舗によって異なります。
また誠に恐れ入りますが、GW前後にいただいたご予約やお問い合わせにつきましては、通常よりご回答にお時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

保険選びの総合アドバイザー

会社経営を行う上での様々なリスクに対応する
最適なソリューションをワンストップでご提案いたします

資料請求やお見積もりのご依頼、
経営者保険のご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

当社推奨方針等のご案内

経営者のための生命保険6つの活用法

経営環境変化への対策

経営環境の変化による売上げの下落や予想外の支出などに伴う、急な資金需要や財務の悪化への備えとすることができます。

経営環境の変化による売上の下落や予想外の支出などに伴う、急な資金需要や財務の悪化への備えとすることができます。

経営環境変化の具体例

  • 社長の死亡による信用力の低下・売上の減少
  • 多額の退職金支払い
  • 取引先の倒産
  • 大型設備投資などに伴う減価償却費の増加
  • 競争激化など外的要因による売上減少
  • 価格変動による仕入れコストの上昇
  • 子会社整理による特別損失

など

  • 社長の死亡による信用力の低下・売上の減少
  • 多額の退職金支払い
  • 取引先の倒産
  • 大型設備投資などに伴う減価償却費の増加
  • 競争激化など外的要因による売上減少
  • 価格変動による仕入れコストの上昇
  • 子会社整理による特別損失

など

事業保険で備える

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

事業保障

経営者に万一のことがあった場合、取引先や金融機関の信用低下を招くなど、事業に支障をきたすことがあります。会社を守り後継者に事業を引き継ぐためには、事業継続資金の準備をすることが、経営者の大きな責任です。

事業保障
対策資金
 =  短期借入金  +  長期借入金  )  ×  1.52倍  +  従業員の
年間給与総額
  • 受取保険金は雑収入となり、法人税が課税されます。実効税率34%を勘案して1.52倍しています。

  • 受取保険金は雑収入となり、法人税が課税されます。実効税率34%を勘案して1.52倍しています。

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

相続・事業承継

経営者の所有財産のほとんどが自社株や不動産で占められていることが多く、それらの評価により、高額の相続税が課税されるケースもあります。相続税は原則として相続発生後10ヵ月以内に現金で一括して納めなければなりません。後継者に必要以上の負担を残さないよう相続税の納税資金を準備しておきましょう。

一般的な算出方法

事業承継・相続対策資金  =  相続財産完全防衛額

  • 相続財産完全防衛額とは
    相続財産に手をつけることなく、相続税のすべてを生命保険で賄う場合の、保険金額を完全防衛額といいます。

相続財産完全防衛のために必要な保険金額(概算)

相続額2億円3億円 5億円7億円10億円
相続人の
構成
配偶者と子1人1,788 万円4,075 万円 9,523 万円16,000 万円26,028 万円
配偶者と子2人1,350 万円3,148 万円 7,919 万円13,590 万円22,890 万円
配偶者と子3人1,280 万円2,635 万円 6,877 万円12,174 万円20,884 万円

記載の税務取扱は、2018年2月1日現在の税制に基づき作成している一般的な例です。今後新たな通達等で税務取扱・計算方法等が変更となる可能性があります。また、個々のお客様の実際のご契約の税務取扱につきましては、所轄の税務署・税理士等専門家にご確認ください。

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

死亡退職金・弔慰金

残されたご家族の生活における経済的なバランスが崩れないように生活資金を確保し、相続税の納付や円滑な遺産分割ができるよう死亡退職金や弔慰金の支給財源の準備をしておきましょう。

死亡退職金  =  最終報酬
月額
 ×  通算在任
年数
 ×  功績倍率
(一般的に1倍~3倍程度)
弔慰金  =  死亡時報酬
月額
 × 

弔慰金
支払月数

(

業務上の死亡 36ヵ月
業務外の死亡 6ヵ月

)

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

勇退退職(役員退職)

経営者の長年の功労に報いるための退職金が確実に支給されるよう、計画的に準備をしておきましょう。

勇退退職金  =  最終報酬
月額
 ×  通算在任
年数
 ×  功績倍率
(一般的に1倍~3倍程度)

  • 会社が勇退退職金を支払った場合、社会通念上妥当な範囲であれば原則として損金算入することができます。また、受け取った退職金は「退職所得」として他の所得とは分離して課税されます。

退職所得金額 = (退職金 - 退職所得控除額) × 1/2

退職所得控除額・勤続年数20年以下 ⇒ 勤続年数 × 40万円

勤続年数20年以上 ⇒ 800万円 + 70万円 × (勤続年数-20年)

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

福利厚生

経営者・役員だけでなく、福利厚生制度として、従業員の病気やけがによる入院や手術に備えることができます。

資料請求やお見積もりのご依頼・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせ

各種取扱保険商品はこちら

【出典】東京海上日動あんしん生命パンフレット
(2018年4月改訂版)

本ページの税務取扱は、2018年2月1日現在の税制に基づき作成している一般的な例です。今後新たな通達等で税務取扱・計算方法等が変更となる可能性があります。また、個々のお客さまの実際のご契約の税務取扱につきましては、所轄の税務署・税理士等専門家にご確認ください。

経営者保険

会社の将来を見据えた財務対策

財務強化や退職金の財源の準備などを生命保険を活用して行うことが可能です。会社の経営サイクルに合わせた保険を検討してみましょう。

企業保険

事業活動を行う上での様々なリスク

万一の事故や突然の訴訟などで損害が発生したときも、損害保険を活用することで財務インパクトを最小限に抑えることができます。想定されるリスクに対しての手当てができているかを確認しましょう。

経営者保険

会社の将来を見据えた財務対策

財務強化や退職金の財源の準備などを生命保険を活用して行うことが可能です。会社の経営サイクルに合わせた保険を検討してみましょう。

企業保険

事業活動を行う上での様々なリスク

万一の事故や突然の訴訟などで損害が発生したときも、損害保険を活用することで財務インパクトを最小限に抑えることができます。想定されるリスクに対しての手当てができているかを確認しましょう。