SBIマネープラザ フリーダイヤル0120-702-489

「先進医療」とは、厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた療養のことで、将来に向けて健康保険等の適用が検討されています。厚生労働大臣が定める施設基準に適合すると承認を受けた医療機関で行われる場合に限られています。)。

がんの治療費を心配せずに、最適ながん治療を受けていただけるようにSBI損保のがん保険は、入院日数や通院日数に対して一定の保険金を支払うのではなく、実際にがん治療にかかった費用を、かかった分だけお支払いします。

※1:公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象となりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約がある場合は、他の保険契約を含めた治療費の実額が保険金額の限度となります。

※2:自由診療はSBI損保の支払基準を満たす診療に限ります。

※3:通院治療費はご契約ごと(5年ごと)に1,000万円までとなります。

※4:がん診断保険金なし、または100万円以外で契約している場合には、その金額となります。

SBI損保のがん保険の補償は、先進医療だけではなく、自由診療も補償(※2)します。先進医療も自由診療も、実際にがん治療にかかった費用※1をお支払いします。

※1:公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象となりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約がある場合は、他の保険契約を含めた治療費の実額が保険金額の限度となります。

※2:自由診療はSBI損保の支払基準を満たす診療に限ります。

SBI損保のがん保険なら、抗がん剤治療による通院や退院後の補助療法まで実額(※1)で補償します。しかも、通院日数に制限なく、退院後も安心してがん治療を続けることができます。(※6)

※6:往診による治療や交通費等、直接治療に関係しない諸雑費は、お支払い対象外となります。

SBI損保は支社・支店などを持たず、人や書類を極力介さずに主にインターネットを通じてお客さまと保険契約を結ぶことで、余計な中間コストを削減し、割安な保険料を提供します。

上記掲載の保険料は2016年6月1日時点のものです。

■取扱代理店:SBIマネープラザ株式会社

■引受保険会社:SBI損害保険株式会社
SBIマネープラザ株式会社はSBI損害保険株式会社の保険取扱代理店であり、保険契約の締結の媒介を行います。また、弊社はがん保険について保険契約締結の代理店および告知受領権を有していません。口頭でお話いただいても告知していただいたことにはなりませんので、必ず告知書にご記入ください。

このページは、SBI損害保険株式会社がご提供する「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用保険)」の保険商品及びサービスの概要をご説明したものです。詳細は、「重要事項説明書」(契約概要、注意喚起情報)、「ご契約のしおり」、「サービスガイド」、Webサイトを必ずご参照くださいますようお願いいたします。 2016年7月 W-13-0398-001

※SBI損保の支払基準を満たす診療に限ります。

※2016年7月時点当社調べ。

※差額ベッド代など直接治療に関係しない諸雑費は、お支払いの対象外となります。

「先進医療」とは、厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた療養のことで、将来に向けて健康保険等の適用が検討されています。厚生労働大臣が定める施設基準に適合すると承認を受けた医療機関で行われる場合に限られています。)。

実際にかかった治療費を全額補償!※1

がんの治療費を心配せずに、最適ながん治療を受けていただけるようにSBI損保のがん保険は、入院日数や通院日数に対して一定の保険金を支払うのではなく、実際にがん治療にかかった費用を、かかった分だけお支払いします。

※1:公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象となりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約がある場合は、他の保険契約を含めた治療費の実額が保険金額の限度となります。

※2:自由診療はSBI損保の支払基準を満たす診療に限ります。

※3:通院治療費はご契約ごと(5年ごと)に1,000万円までとなります。

※4:がん診断保険金なし、または100万円以外で契約している場合には、その金額となります。

先進医療だけではなく、自由診療も補償!

SBI損保のがん保険の補償は、先進医療だけではなく、自由診療も補償(※2)します。先進医療も自由診療も、実際にがん治療にかかった費用※1をお支払いします。

日本国内の未承認の薬の用途

がんの治療において、自由診療が最適な治療方法となるケースは少なくありません。たとえば、国内で未承認薬が使用される事例のうち、実に4割以上ががんの治療とも言われています。※5

※5:出所 厚生労働省「治験実施状況及び未承認薬使用状況についての調査平成21年」によるサンプル調査結果。

通院治療費は、最大1,000万円まで補償!

SBI損保のがん保険なら、抗がん剤治療による通院や退院後の補助療法まで実額(※1)で補償します。しかも、通院日数に制限なく、退院後も安心してがん治療を続けることができます。(※6)

※6:往診による治療や交通費等、直接治療に関係しない諸雑費は、お支払い対象外となります。

がんの入院及び外来の受療率の推移

格安な保険料の実現!

SBI損保は支社・支店などを持たず、人や書類を極力介さずに主にインターネットを通じてお客さまと保険契約を結ぶことで、余計な中間コストを削減し、割安な保険料を提供します。

SBI損保のがん保険の保険料例

■取扱代理店:SBIマネープラザ株式会社

■引受保険会社:SBI損害保険株式会社
SBIマネープラザ株式会社はSBI損害保険株式会社の保険取扱代理店であり、保険契約の締結の媒介を行います。また、弊社はがん保険について保険契約締結の代理店および告知受領権を有していません。口頭でお話いただいても告知していただいたことにはなりませんので、必ず告知書にご記入ください。

このページは、SBI損害保険株式会社がご提供する「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用保険)」の保険商品及びサービスの概要をご説明したものです。詳細は、「重要事項説明書」(契約概要、注意喚起情報)、「ご契約のしおり」、「サービスガイド」、Webサイトを必ずご参照くださいますようお願いいたします。
2016年7月 W-13-0398-001

ページトップへ

相談予約

相談予約