SBIマネープラザ フリーダイヤル0120-702-489

こういう対策が余計に揉める!?「失敗事例から学ぶ相続対策」

2017年01月30日 [SBIマネープラザ]

相続税制改正から丸2年。
2016年の税制大綱では、いわゆる「タワーマンション節税」の見直し等が決まり、相続対策の在り方は日々変化しています。

相続に対する想いは十人十色。遺す側の気持ちを尊重するのはもちろんのこと、遺される側の目線に立つことも大切です。 家族円満の相続にするためにどのようなプランにしていくのか、しっかり検討していきたいものです。

しかし、自己流で対策をしたばかりに、思わぬトラブルを生むケースもあります。 今回は日本初の来店型相談窓口「相続ハウス」の税理士をお招きし、実際にあった「失敗」事例を交えながら、 相続の最新事情を解説いたします。

是非、ご参加ください!

新宿中央支店
2月20日(月)
10:30~12:00
来店型相続相談サービス「相続ハウス」のアドバイザーが近年の対策について語ります!
こういう対策が余計に揉める!?「失敗事例から学ぶ相続対策」
その他のセミナーはこちらをご覧ください。
* お申込み受付は先着順となっておりますので、定員に達した場合は受付終了となる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

■NISA口座のご注意事項■
・NISAで上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
・NISA口座の開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関の変更により、複数の金融機関でNISA口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つの NISA口座でしかお取引いただけません。また、NISA口座内に保有されている商品を他の金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更される 年分の非課税管理勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分 について金融機関を変更することはできません。
・万一、複数の金融機関で重複してNISA口座をお申し込みの場合には、SBI証券にNISA口座を開設できない場合があります。その場合でも金融機関の変更ができません。また口座開設が大幅に遅れる可能性があります。すでに他の金融機関に口座開設の申し込みをされたお客さまは、SBI証券へのNISA口座開設のお申し込みとあわせて、当該金融機関へのキャンセルのご連絡をお願いいたします。

■セミナーに関するご注意事項■
本案内に記載のセミナーは、他の事業者が主催・運営することが明示されているものを除き、SBIマネープラザ株式会社が主催・運営いたします。
本案内に記載のセミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスク情報につきましては、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料等の記載内容をご確認ください。

金融商品取引法等に係る表示はこちらよりご覧ください。 http://www.sbi-moneyplaza.co.jp/company/financial.php

【MP管理No:170131-180131_2359】

ページトップへ

相談予約

相談予約