PR・サービス

2015/12/22

各位

SBIマネープラザ株式会社

太陽光発電ファンド第五号の完売のお知らせ

~ご好評につき約25億円完売、「即時償却制度」終了前に次回ファンドも準備中~

このたび、SBIマネープラザ株式会社(以下、「当社」という。)は、2015年11月6日付でお知らせしたとおり、金融商品仲介業者として、第五号案件となる太陽光発電ファンド約25億円の募集の取扱いを行い、完売いたしました。これにより、当社が、これまでに取扱った第一号ファンドから第五号ファンドまでの累計募集金額は約63億円となりました。 

太陽光発電ファンドは、2012年7月より開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用することで、太陽光発電事業で得る売電収入を原資とした長期・安定的な投資機会を投資家の皆さまに提供するものです。また、同ファンドでは、2014年1月から開始された「生産性向上設備投資促進税制」を活用することで、実物の太陽光発電所に投資した場合とほぼ同様に、初年度に約97%程度の償却メリット(※)を享受いただくことが可能となります。
今回の募集の取扱いにおいては、利益の繰り延べニーズをもつ多くの法人のお客さまより、募集予定金額を上回るお買付のご意向をいただき、2015年12月18日の募集最終日をもって約25億円が完売となりました。
当社は、2015年4月10日付のプレスリリースでもお知らせしたとおり、今期100億円規模の太陽光ファンドの取扱いを目指しており、「生産性向上設備投資促進税制」による即時償却制度が終了する2016年3月末までに、制度利用に必要な系統連系等の完了が可能な太陽光発電所に投資を行うファンドの準備を進めております。これにより、即時償却制度終了前に、上記償却メリットの享受を希望する法人のお客さまのニーズにもお応えできるものと考えております。

なお、今般、太陽光発電を取り巻く現状や太陽光発電ファンドの商品性等について、投資家の皆さまの理解を深めていただくことを目的に、東京、名古屋、大阪、福岡の計4都市5ヶ所において、「SBI太陽光発電ファンド投資説明会」を開催いたしましたが、大変ご好評をいただきましたので、今後とも引き続き同様の説明会を開催する予定です。

SBI グループは、今後も一人ひとりに最適な金融商品を提供する「日本最大の金融商品ディストリビューター」を目指し、魅力ある商品・サービスの提供を通じて、投資家の皆さまの投資活動を支援してまいります。

※お客さまの状況に応じて、税務上の取り扱いが異なる場合があります。税務上の取り扱い等につきましては、お客さまの住所地を管轄する所轄税務署、または税理士へお問い合わせください。

<SBI太陽光発電ファンド投資説明会の様子>
タイトル:即時償却制度の終了目前!決算対策のための太陽光ファンド投資スキーム

金融商品取引法に係る表示

(金融商品仲介業者)
SBIマネープラザ株式会社
登録番号 関東財務局長(金仲)第385号
SBIマネープラザは、所属金融商品取引業者である株式会社SBI証券の代理権は有しておりません。
SBIマネープラザは、金融商品仲介業に関して、お客さまから直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

(所属金融商品取引業者)
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

手数料等及びリスク情報について

当社が取扱う株式会社SBI証券の商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

以上

本お知らせに関するお問い合わせ先:
SBIマネープラザ アライアンス推進部 03-6229-0878

2015/12/22

太陽光発電ファンド第五号の完売のお知らせ

SBIマネープラザ株式会社

各位

~ご好評につき約25億円完売、「即時償却制度」終了前に次回ファンドも準備中~

このたび、SBIマネープラザ株式会社(以下、「当社」という。)は、2015年11月6日付でお知らせしたとおり、金融商品仲介業者として、第五号案件となる太陽光発電ファンド約25億円の募集の取扱いを行い、完売いたしました。これにより、当社が、これまでに取扱った第一号ファンドから第五号ファンドまでの累計募集金額は約63億円となりました。 

太陽光発電ファンドは、2012年7月より開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用することで、太陽光発電事業で得る売電収入を原資とした長期・安定的な投資機会を投資家の皆さまに提供するものです。また、同ファンドでは、2014年1月から開始された「生産性向上設備投資促進税制」を活用することで、実物の太陽光発電所に投資した場合とほぼ同様に、初年度に約97%程度の償却メリット(※)を享受いただくことが可能となります。
今回の募集の取扱いにおいては、利益の繰り延べニーズをもつ多くの法人のお客さまより、募集予定金額を上回るお買付のご意向をいただき、2015年12月18日の募集最終日をもって約25億円が完売となりました。
当社は、2015年4月10日付のプレスリリースでもお知らせしたとおり、今期100億円規模の太陽光ファンドの取扱いを目指しており、「生産性向上設備投資促進税制」による即時償却制度が終了する2016年3月末までに、制度利用に必要な系統連系等の完了が可能な太陽光発電所に投資を行うファンドの準備を進めております。これにより、即時償却制度終了前に、上記償却メリットの享受を希望する法人のお客さまのニーズにもお応えできるものと考えております。

なお、今般、太陽光発電を取り巻く現状や太陽光発電ファンドの商品性等について、投資家の皆さまの理解を深めていただくことを目的に、東京、名古屋、大阪、福岡の計4都市5ヶ所において、「SBI太陽光発電ファンド投資説明会」を開催いたしましたが、大変ご好評をいただきましたので、今後とも引き続き同様の説明会を開催する予定です。

SBI グループは、今後も一人ひとりに最適な金融商品を提供する「日本最大の金融商品ディストリビューター」を目指し、魅力ある商品・サービスの提供を通じて、投資家の皆さまの投資活動を支援してまいります。

※お客さまの状況に応じて、税務上の取り扱いが異なる場合があります。税務上の取り扱い等につきましては、お客さまの住所地を管轄する所轄税務署、または税理士へお問い合わせください。

<SBI太陽光発電ファンド投資説明会の様子>
タイトル:即時償却制度の終了目前!決算対策のための太陽光ファンド投資スキーム

金融商品取引法に係る表示

(金融商品仲介業者)
SBIマネープラザ株式会社
登録番号 関東財務局長(金仲)第385号
SBIマネープラザは、所属金融商品取引業者である株式会社SBI証券の代理権は有しておりません。
SBIマネープラザは、金融商品仲介業に関して、お客さまから直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

(所属金融商品取引業者)
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

手数料等及びリスク情報について

当社が取扱う株式会社SBI証券の商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

以上

本お知らせに関するお問い合わせ先:
SBIマネープラザ アライアンス推進部 03-6229-0878